週2日ゆる断食?2日間ゆる断食?今人気のダイエット本ですね!

 

週2日ゆる断食?2日間ゆる断食?今人気のダイエット本!

私の考える正しいダイエット方とは「無理せず楽に痩せられること」を

モットーにしていますが、それを叶えてくれそうなダイエット法を

見つけました。

 

それは「幻冬舎」から出版されている「週2日ゆる断食ダイエット」と言う

単行本で、赤色のジャケットで凄く読みやすと評判の本です。

 

発売後イギリスでは50万部を突破したと話題が広がり、ベストセラーに

匹敵するでは?っと言うダイエットの専門家もいるくらいだそうです。

 

著者は「マイケル・モズリー」と言う博士で、主に科学ドキュメンタリーの

制作をメインに活躍されているそうで、イギリスの医学会から「年間最優秀

医学ジャーナリスト」と表彰されてこともある医師のようです。

 

この本を制作するにあたり自らを実験台として「継続させやすく無理のない

ダイエット」法を見つけるべく研究を行っていたところ「断食」に注目する

機会があったようで、断食に関連する情報を世界から取り寄せ成果を取りまとめ

「週2日ゆる断食ダイエット」を完成させたようです。

まさに私がモットーとしている「無理せず楽に痩せられること」に匹敵する!と

感じました。

 

この単行本のPRの一環としてロンドンのテレビ番組で、ゆる断食の実験過程を

詳しく紹介したVTRを放送したところ、時はロンドン五輪真っ最中にも

関わらずロンドン市民の約250万人から視聴されたようなのです。

それだけロンドン市民の反響を得るだけのダイエット法だったのでしょうね?

 

ダイエット手法としては単行本の題材にもなっている「断食」を行うことで

痩せる!ってなものなのでしょうけど、食を断つと痩せるのは当たり前の事

なのですが、それがなかなか出来ないのが人間であり・・・特に日本人は

その点では他の国よりも劣っていると私は思うので、分かっていても出来ないのが

現実なんですよね!

 

しかしこの手法の場合「ゆる!」っと題名に付けられているくらいなので、

多分断食を不定期に行うか?あるいは数日に一度!などの手法だとは想像が

つきます。

 

っが!実際に内容を見てみると「断食」とは食を断つのではなく、一日の摂取

カロリー量を調整?限定しながら進めて行く方法のようです。但し実行するのは

週2日だけで、超お手軽なやり方も特徴の一つのようですね。

 

つまり断食するのは「食」ではなく「カロリー」なんですよね!そこがこの

単行本の「ミソ」だと私は感じました。

 

女性は500kg、男性は600kgの総カロリー量に抑え、週2日行うと効果があると

されています。但し食するものは限定しないが食べられなかった分のカロリー

量を取り戻す行為や、溜め込もうと詰め込むのは禁止しているようですが?

もちろん一日に500~600kgのカロリー量と言うと結構シビア?な値のように

感じるので、途中で間食してしまいそうなイメージを持つ方も多いと思いますが

「食するものを限定しない」ってとこがミソでカロリー量を超えなければ、

ケーキでもチョコでもお菓子でも、何でも食べても構わないそうです。

 

そうなるとポイントとなる事に「食のタイミング」も重要になってくると

思いますが、この単行本で推奨しているが「朝夕」の2食で行う方法のようです。

 

仕事をしている関係上、昼を抜くのはきつい方もいらっしゃると思いますが、

そんな場合はカロリーの少ない食事を摂れば問題ありません。但し朝夕の

カロリー量を調整する必要はあるかとは思いますけど?

糖質やコレステロールが無い、例えば野菜メインとか果物メインとか

消化の良いそば・うどん、和食の定食なんかも良いかも知れませんね。

 

私はダイエット中は朝を抜くようにしています。なぜなら時間的に問題があって

朝以外抜けないためです。ですがこの方法はあまり良くありません。

完全に「昼夜」のみの食事が出来る方なら良いでしょうけど、どうしても

10~11頃になると空腹感に負けてしまい間食してしまうのです。

そうなるとカロリー計算どころの話ではありませんよね!

なのでお腹が空いて我慢出来ない時は水分を多くとってゴマカスか?

カロリーメイトを食べてカロリー量を把握するかしています。

なのでこの単行本のように朝夕食法を行った方がダイエットには

良いと私も思います。

 

またこの単行本には食事方法以外にも、オススメの料理とか食材とか

栄養素などにも触れていますのでとても分かりやすくと勉強にもなります。

 

なので初めはダイエット目的で読むのでしょうけど、読み終えた頃には

栄養士?になった気分になりました。

 

ダイエットで辛い思いをし長続きできなかった人や、ダイエットには

成功したもののリバウンドで苦しめられた方等には、是非読んで欲しい

一冊です。「ゆる断食」で気軽にダイエットに取り組み健康的な体を

作り上げましょうね!

 

愛犬・愛猫もダイエット!日本ヒルズ・コルゲート株式会社

 

人間の話ではないが、今ペット達のダイエットに注目が集まっているそうです。

「体育の日」ってこともあって愛犬や愛猫の肥満を心配している

ペットオーナーに向けて日本ヒルズ・コルゲート株式会社の主催による

ペットダイエットイベントを東京都内で開催した模様です。

 

っと言う私もこの会社のペットフードを愛猫へ与えていますが、その効果は

絶大で自分で体験しているからこの話題に興味を持ちました。

世の中で販売されているペットフードに比べたら、この会社の商品は

ちょっと「お高め」ですが、ペットを肥満にしないようなフードとしては

絶大なる効果を今のところ見せてくれています。

 

それに使い始めてちょうど5年くらい経ちましたが、愛猫の毛並みが

凄く艶があって綺麗だしもちろんダイエットせずとも肥満ではありませんし、

健康状態も良好です。

 

ただ何故か毛がたくさん抜ける点が気にはなっていますが、それは多分

遺伝的なものだと思うので、毛並みのケアーだけは暇を見つけて行っています。

 

年一回の予防接種へ動物病院へ連れて行くと先生からいつも毛並みの艶や

軽量などの点が褒められます。飼い主も鼻高々です?

 

話が反れましたが、この日行われた日本ヒルズ・コルゲート主催のイベントは

「体育の日はメタボ解消!ワンちゃんとの“絆”を深めるダイエット道場」と

題されて、ペットオーナー向けに肥満予防のセミナーとかドッグトレーナーに

よる肥満防止の運動方法などが紹介されていたようです。

 

さらにペットに対しての食事管理の仕方なども紹介されており、って言いますか

私はこちらの方が重要だと感じましたが?

 

なぜならペットってダイエットのために運動させたくても言う事を聞かない

事例が多く、犬であれば外で遊ぶことが大好きなのでリードでもつけて

走らせていればダイエット効果にはなると思いますが、私のように猫を

飼っている場合、運動させたくても放し飼いにするしか方法はありませんよね!

つまり食事の徹底的管理を行わないと肥満にしてしまったら大変です。

 

なので運動よりもこちらのペットフードの管理方法に注目をしました。

話によると、肥満になると病気を起こすリスクが高くなり関節炎や皮膚病・

糖尿病などになる恐れがあるようで?・・・えっ!ペットでも糖尿病って

起こるんですね??初めて知りました。

 

さらに、餌を減らして食事の減量を行うことは「必要な栄養素が不足」する

恐れがあるらしく、餌を減らすのではなく最新の科学に基づいて作られた

ダイエットフードを与えることが大切!とのことでした。

 

私が思うに、確かに減量させて必要な栄養素を不足させるのは良くないこと

ですが、それよりも通常の食事量を減らすことでお腹を空かすことになる方が

問題だと思いましたね!やはりペットも動物ですから食事が満足にもらえないと

吠えたり鳴いたりすると思いますし・・・

 

最後の最新科学のダイエットフードを与えること!に関しては若干営業目的な

ニュアンスを感じたので、これはにはあまり共感しませんでした。

しかし、事実私もこの会社のペットフードを与えていることで、ダイエットが

必要ない健康状態を保っておりますので、ありがち間違いではないと思います。

 

それに人間が食べている食品をそのまま与えたのでは栄養バランスが偏る恐れも

ありますし、それならば美味しく・安全で・栄養バランスの良い・科学的見地で

作られたフードを与えた方が、楽だし安心な点は事実ですよね♪

 

最近のペットを飼っている飼い主の動向?によると、愛犬・愛猫を肥満にする

傾向が増えているようで、ほとんどの方がダイエットが必要と考えて

いるそうです。と言いますか、ならば初めから肥満にしない飼い方をしろ!

って感じるのは私だけでしょうか?

 

調査によると、飼い主が自身の愛犬・愛猫にダイエットが必要と感じたことが

あるか?について、ある=43%、ない=47%、わからない=10%だった

ようです。こう見ると最近では飼い主さんも「肥満」に対する考え方が

変わってきているようで「ない」って答えた方が半数近くいたことに

私は驚きましたが、それよりも「ある」って答えた方が43%もいるってことは

やはり肥満気味になるペットの飼い方をしている方も多数いるようですよね?

 

人間ですら最近は「欧米食」が普及して、肥満気味の方が増えている現状なので

ペットに限らず人間もダイエットでも行って悪い病気にならないように注意を

しながら食生活を送らなくてはいけませんね。ペットの話なのに良い教訓を

感じさせてくれた「ダイエット話」でした。

 



 

米ダイエット食品 注意勧告「OxyElite Pro」に厳重注意

 

ダイエット食品に関する重要事項です。

日本でもダイエット食品を取扱っている業者では既に販売されている

OxyElite Pro:オキシエリートプロですが、

このダイエット食品を摂取していた米国の29名の人達が「急性肝炎」を

勃発しているらしく、その内1人の方がお亡くなりになったそうです。

 

なので、日本でも厚生労働省が10月9日に使用を控えるよう注意勧告を

出した模様です。

 

摂取中の方は直ぐに服用を止めましょう!ダイエット食品による

「肝臓」関係での病気は結構多く起こっていますので、このダイエット食品も

例外ではありませんので、まずは止めることが先決です。

 

ダイエットするなら他にたくさんの方法やサプリなどありますから、この

「オキシエリートプロ」と書かれたプラスチックビンに入っているカプセルの

使用は控えてください。特に日本で出回っている商品として「オキシエリート

プロ 90カプセル 約1ヵ月分」と言う商品が主に販売されているようなので、

この商品を見かけたら他人でも知人でも服用を止めるようにするか?伝えるか?

して下さい。全米では大騒ぎになっています。

 

ネット界ではこのダイエット食品を絶賛するコメントが多数寄せられている一方で、

リバンド・副作用・吐き気・嘔吐・胸焼け・動悸などの病気的症状を

訴える方も非常に多いです。

 

普通ダイエット食品であっても「健康補助食品:サプリメント」として

販売されるのが一般で、健康補助食品とは誰でも安全に服用でき、病気などが

起こらないことが前提とた健康食品でなればならないはずで、

今回のような健康被害が出るような物は普通販売されてはいないはずです。

 

なのに病気の症状「副作用・吐き気・嘔吐・胸焼け・動悸」が起こる方々が

多数いることが、実際に摂取した方からのコメントで分かりますので、

とても安全なダイエット食品とは思えませんよね。

 

それらのコメントをまとめて見ると、どうもこのダイエット食品の特徴として

「食欲を抑制する働き」があるようで、これはまさに胃や肝臓系の何かを

狂わせる成分が入っている恐れがあることを証明しています。

 

書き込みを見ていると

「痩せました。お腹が空きません」

「-2kg減りました。効果があります。食べる量が減り発汗が半端じゃないです」

「副作用は日によって違っていて、動悸、フワフワ感、自分が自分じゃない
ような感じ、倦怠感、胃痛、発熱…飲み始めてからずっと不眠です」

「皆さんの口コミを読ませてもらって副作用は怖いけれど頼んでみました」

「過食気味で食欲のコントロール出来ない人には、とても良いサプリメントだと

思います。食欲抑制がしっかり出来ます。」

「頭痛は初めの3~4日あり。血圧を下げる成分が入っているので、
血圧高めの私にはいいと思いますが、めまいがするという人は血圧が下がり
すぎているのかも?」

「急激にのぼせや眩暈、吐き気が副作用として出ました」

「飲んだその日から食欲がなくなりました」

等など、恐ろしいコメントが多数寄せられていることが分かりますよね!

 

もちろん「効果があった。痩せた。過食が治った」等などの意見も

あるようですが、やはり人は皆一人ひとり体質が違うし、生活環境も全て

違います。なので効果がある人、無い人がいても何らおかしくない話です。

 

ですが、生きるための体の構造・性別・能力・機能などは全て同じはずで

その中で病状「副作用・吐き気・嘔吐・胸焼け・動悸」などが起こっている

ことも事実なので、やはり服用は控えることが懸命だと私は思います。

 

だって体調不良になれば誰だって痩せますから!食事を摂らなければ

痩せるのは当たり前の話ですから!楽して太った分痩せるのは大変なこと

ですから!

 

そもそも何故ダイエットをする必要があるか?考えた時に「健康のため」

「長生きするため」が本来の目的ではないでしょうか?なのに、わざわざ

病状を招いて痩せるのは、あまりにも違い過ぎると思うのは私だけでしょうか?

 

もし心当たりのある方は服用を直ちに控えることをオススメ致します。