スポンサードリンク

たけしの家庭の医学 サバ缶で痩せる?放送後スーパーから消えた!

2013年に朝日放送系列の人気番組「たけしの家庭の医学」で、さば缶を

食べると、正確にはサバを食べると痩せると放送されてダイエット中の方や

太り気味の間で話題になっています。ネットでも「たけしの家庭の医学 サバ缶」

と検索する人が増え、実際にスーパーでも「サバ缶」が品薄・売れ切れ状態と

なり今後買えなくなる!っとの噂が広がり、スーパーでも1人1缶の販売規制を

かけて対応しているようです。サバ缶販売大手の「マルハ」では製造が間に

合わず「嬉しい悲鳴」を毎日上げているようです?

放送内容としてのメインは「ダイエット特集」でしたが、痩せる効果がある

ホルモンを大量に分泌させる可能性が高い食品として「鯖」を紹介し、実際に

太っている人が少ない地方の町を消化しスーパーなどの小売店で必ずどの人も

購入していた食品が「サバ缶」であって家庭の調査でもサバ缶の消費量が多く

その内容が非常に信憑性が高いと視聴者が受け止めたようで、以前ダイエット

効果があるとされた食品「納豆・バナナ」に続くダイエット食品ショック?が

起こりそうな気配を漂わせているようです。

しかし何故「サバ缶」がダイエット効果があると示されたか?っと言うと、

東京医科大学 内分泌内科 主任教授の小田原先生による見解として、痩せる

ホルモン?痩せさせるホルモンと私は認識しましたが、「GLP-1」と言う

物質であることが判明し、そのGLP-1を多く分泌させる食品が鯖であり、

それを手軽に手に入れられ直ぐ食することのできる「サバ缶」に注目された

結果がこの度の騒動となったきっかけなのです。先生によると元々は糖尿病

患者の予防処置として、血糖を下げるインスリンを多くする方法や血糖値の

上昇を抑制する物質などを研究している過程でGLP-1を見つけ、

このホルモンの働きによって痩せる効果、つまり激しい運動や食べない食事

制限などを行わずともダイエット効果が期待できることが分かったようです。

但し正確には鯖じたいの効果ではなくサバに含まれているEPAが効果を

来たしているらしく、EPAを多く含む食品「イクラ・マグロ・イワシ・

ハマチ」などを食しても同じような効果は期待できるとのことです。

また「サバ缶」の場合、保存食品ですからどうしても「塩分」が気になる

ところですので、私の場合は缶詰から一度サバを出し水洗いしてから味噌汁の

中に入れてよく沸騰させてから食べるようにしています。ご飯と一緒に

食べると味も結構活けますよ!!

ちなみに鯖はサバ化に属する海魚で、ほん鯖とごま鯖の二種類があり

ほん鯖は春と秋が旬で夏は産卵のために味が落ちます。早春の鯖は油が乗って

いて非常に人気があり、ほん鯖の方がごま鯖よりも人気がありますが、夏は

ごま鯖の方が美味しいと言われています。但し、鯖は他の魚よりも腐敗する

スピードが速いため鮮度に注意する必要があるそうです。なので長期保存が

利く「サバ缶」に人気があるまる傾向のようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>