スポンサードリンク

ダイエット飲料には別の副作用がある?

ダイエットを行っている人が熱い夏になると気になるのが飲料ですが、

最近では「カロリーゼロ」「カロリーオフ」等と書かれた飲料やテレビの

コマーシャル等でよく目にする機会が多くなってきましたが、本当に

これらの飲料を摂っても太らないのでしょうか?カロリーゼロの飲料と

言っても「糖質の多い炭酸飲料」とか「スポーツドリンク」最近では

「ビール」に至るまで、たくさんの飲料が登場しています。私はこれらの

飲料を飲む時に「この甘さで本当にカロリー無いのか?」とか「通常の

ビールと全く同じ味なのにカロリーゼロなのか?とか「普通に販売されて

いるスポーツ飲料よりも薄味のドリンクよりも濃いけど大丈夫か?」などの

感想を抱きつつ飲んでいますが、体重はそれ程変化していないので効果が

あった?のかどうか?今いち分からずに飲料しています。太っていない

のだから効果があったと言われればその通りなのですが、むしろ甘い物を

飲んでいると飽きて強いますので、水とかお茶に切り替えて飲む傾向に

あるので、実際の飲量はそれ程ではないような気がしますので、その点から

みても効果があったとは言えないと思います。逆に「ジッ」としていても

発汗する時期にある程度のカロリーを摂らないと「熱中症」になる恐れが

ないか?疑問なところです。

また、甘いものは独特な食感を与えますので、それに誘発されてさらに

それ以上の「味付け」の食事を好むようになってしまいます。例えば

カロリーゼロのコーラーやビールを飲んでいると「から揚げ」とか

「フライドポテト」「フランクフルト」などのファーストフードを食べたく

なると思いませんか?また逆にパン類を食べていると「コーヒー」とか

「牛乳」を飲みたくなりませんか?

このように私の経験からして「カロリーゼロ」「カロリーオフ」の飲料は

痩せる効果があるとは思えませんが、飲んだからといって通常のカロリーが

含まれている飲料を飲むよりは、太るとは限らなかったのでダイエットに

全く効果が無いとは言い切れませんが、たとえ「カロリーゼロ」「カロリー

オフ」の飲料でも毎回続けて飲んでいればその分、他の高カロリーな食品を

摂りたくなってしまう、つまり結果的に食生活が乱れてしまう恐れがあると

思うのです。なのでダイエット時に「カロリーゼロ」「カロリーオフ」の

飲料を好んで飲料することには十分注意し、できれば喉が渇いたり、食事の

際は「水」や「お茶」などで水分補給することをオススメします。

「カロリーゼロ」「カロリーオフ」の飲料を続けて飲むうちに、高カロリーな
食生活に変わってしまったのなら、食事改善によるダイエットはその後
難しくなると思います。そんな時はダイエットの方法を変えるのが無難ですよ♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>