スポンサードリンク

ダイエットで落ちやすい脂肪とは|ダイエットと脂肪の関係?

先日ダイエットを行っている男性の友人と話したと時に言っていた

ことで、「体重計で6kg痩せたのに腰回りや尻の肉は減っていない

ような気がする。いったいどこの贅肉が減ったのだろう」っと疑問を

頂いていました。その彼のダイエット法は食事制限を行ったようで、

外食中心の生活から家食に切り替え、食事内容も野菜を中心に

摂るようにした結果、-6kgを達成したらしいのです。

ではご自身でも気づけない贅肉とはどこの部分だったのでしょうね?

多分男性という事と食事制限で効果を得たことから「内臓脂肪」の

減少が起こったと想像できますね。内臓脂肪はその名の通り、内臓

(特に胃)に付着する脂肪のことで、知らぬ間に付着されるケースが

多く、健康診断などで体重計に乗った際に「太っている」ことに

気づくケースが多いのです。内臓脂肪は特に男性に付きやすくポッコリ

お腹の中年はまさに内臓脂肪の持ち主を象徴しているようなものです。

内臓脂肪は皮下脂肪よりも落ち易く、食生活の改善で中性脂肪が減ると

血中のコレステロールも減り体重が落ち易くなります。また運動による

軽い発汗を続けることでも減ります。その逆に皮下脂肪は一回増えて

しまうと減らすのが難しく、そう簡単には落ちません。なので内臓脂肪

より皮下脂肪の多い女性の方がダイエットが難しいとされています。

今回の私の友人ケースの場合、腰回りや尻の肉などは皮下脂肪の方が

多いので、-6kg分は内臓脂肪の割合が高かたために見た目の減り

具合よりも実際の体重の減り具合の方が多くなったと想像できます。

しかしその後もダイエットを続けたところ腰回りや尻肉も減ってきた

ことに気づき、最終的には男性でありながら-12kgを成功した

ようです。(羨ましい!!)なので結論的には体内の脂肪の中で

一番落ちやすい「痩せやすい」脂肪は「内臓脂肪」だと改めて

確信しました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>