スポンサードリンク

Archive | 2013年8月8日

夏太りと夏痩せの関係!夏太りするとデブになる?

「夏は汗を掻くからビールを沢山飲んでも夏太りしない」「ジッとしていても

汗が出るから太らない」等と夏場になるとよく聞きますが集英社発行の「週プレ

news」の記事によれば「女子栄養大学教員の浅尾貴子」氏が「夏は大量に汗を

かくから痩せるはずだと思われる方もいますが、それは勘違いです。外気温が

高くて体温を冷ますためにかく汗と、運動をしてエネルギーを燃やす際にかく

汗とではまったく性質が違う。はっきり言うと、前者の汗を流したところで

痩せないんです」との解説したそうです。これを読むと「夏太りのメカニズム」

が何となく見えてきたように思いました。つまり日本人は「汗を掻くと痩せる」

イメージが強いので、サウナーのように高温室で何もしなくても発汗する減量法

などが人気ですが、汗を掻いてダイエットに効果がある部分は「内臓脂肪」です。

なので皮下脂肪の量が多くて太っている方にはあまり効果が見られません。

現にサウナーを利用する人の多くは男性だと思いませんか?なぜなら男性は

内臓脂肪によるデブが多いのに対して女性は体内の働きやホルモンの関係から

皮下脂肪の方が多いので発汗しても減量の大きさはそれ程大きくなりません。

むしろ食事制限や適度な運動を行った方が皮下脂肪は落ちやすいです。

ですから、元から内臓脂肪の多い男性が発汗するからと暴飲暴食を繰り返せば

発汗によって内臓脂肪が減る量と、過度なエネルギー供給によって脂肪が蓄積

される量が同じ、あるいは上回れば夏太りになるのは当然です。または、体格は

痩せ気味で内臓脂肪などが少ない方でも高カロリー高タンパクな食事を繰り返し

摂れば、コレステロールの量が増え生活習慣病を発症したり、皮下脂肪が増える

可能性が高いです。また、女性でも同じように発汗しているからといって、暴飲

暴食を繰り返せば、内臓脂肪は付き難いものの、皮下脂肪が溜まる可能性が高く

さらに悪いことに皮下脂肪は内臓脂肪よりも落ち難いので、その後のダイエットが

厳しくなります。なので今回ご紹介されている「女子栄養大学教員の浅尾貴子」氏

が仰っている通りに「夏太りは秋太りつながる」のは内臓脂肪よりも皮下脂肪が

増えてダイエットでも痩せ難い体質を作ってしまう可能性が高いと思います。

「夏痩せ」と呼ばれるものもありますが、これは夏にあまりの暑さで食欲がなく

体重が減ってしまったことが原因で起こるものですが、この場合は秋なって

涼しくなれば食欲が戻って体重も元に戻ることが普通なので、体脂肪から見た場合

それ程心配する必要がありませんので、むしろ夏太りに十分注意した方がよいと

思います。