スポンサードリンク

Archive | 2013年10月4日

「カロリーゼロ」表示はダイエットに良くない?

 

ビール好きな私にはショッキング?な記事を見つけて

しまいました。

 

何と!低価格で国民に喜ばれている「発泡酒や第三のビール」は

糖分が少なくても「太る」恐れがあるそうなのです。

 

私は毎日第三のビールを晩酌時に飲んでいますが、カロリーゼロと

書かれているので、太ることはないだろう!って思いながら

飲料していましたが、どうも逆のようです。

 

これはビールに限ったことではないようですが、カロリーゼロと

書かれた飲料類でも「人口甘味料や着色料」などたくさん入っていて

それを飲むことで「痩せる」どころか「太る」恐れがあると、

ハーバード大学で肥満と老化について研究をされている研究員の

「大西睦子」さんが著書の「カロリーゼロにだまされるな」に

書かれています。

 

確かに言われていれば、私もダイエットに取り組んでいますが

一食抜いて、汗を掻いて運動し、夕食は早めに摂って

その際に第三のビールを大缶3本くらい飲んでいますが、

あまり体重が落ちないでいるようにも思えますね!

 

全く落ちないのではありませんが、数日に1kg程度の

ダイエット効果なので「おかしいな?」とは思っていましたが

まさか「カロリーゼロ」の飲食類で太る恐れがあるとは

夢にまで思っていませんでした。目から鱗の情報です。

 

また「大西睦子」さんによれば、人口甘味料や着色料は

砂糖よりも何百倍の糖分が含まれているそうで、そのために

依存性や中毒性の症状に侵されて繰り返し飲食するように

なるようです。

 

その結果、糖尿病や痛風などの俗に言う「生活習慣病」になる

恐れが極めて高いため、アメリカの研究者の間では、

では「かえって体に悪いのではないか?」等と懸念されて

いるようです。

 

私もそれには同感で、確かに糖分が少ないとは言っても

甘味料や着色料などの人工的に作られた成分を口にするのは

好まないし、何よりも自然なものでないので食するのが

気持ち悪く感じますよね!

 

さらに、体に良いと思って食したものが、逆に体を痛めつける

結果となっては身も蓋もないですよね!!

 

なので「大西睦子」さん曰く、糖分が多くても自然な本物の

ビールや食材を摂った方が体に良いのでは!っとオススメして

いるようです。

 

私もこのお言葉を教訓に、今度からは「カロリーゼロ」の

キャッチフレーズ?に騙されないようにし、しっかりと

栄養成分を確認してから食材を購入したいと思いました。