スポンサードリンク

Archive | 2013年10月20日

週2日ゆる断食?2日間ゆる断食?今人気のダイエット本ですね!

 

週2日ゆる断食?2日間ゆる断食?今人気のダイエット本!

私の考える正しいダイエット方とは「無理せず楽に痩せられること」を

モットーにしていますが、それを叶えてくれそうなダイエット法を

見つけました。

 

それは「幻冬舎」から出版されている「週2日ゆる断食ダイエット」と言う

単行本で、赤色のジャケットで凄く読みやすと評判の本です。

 

発売後イギリスでは50万部を突破したと話題が広がり、ベストセラーに

匹敵するでは?っと言うダイエットの専門家もいるくらいだそうです。

 

著者は「マイケル・モズリー」と言う博士で、主に科学ドキュメンタリーの

制作をメインに活躍されているそうで、イギリスの医学会から「年間最優秀

医学ジャーナリスト」と表彰されてこともある医師のようです。

 

この本を制作するにあたり自らを実験台として「継続させやすく無理のない

ダイエット」法を見つけるべく研究を行っていたところ「断食」に注目する

機会があったようで、断食に関連する情報を世界から取り寄せ成果を取りまとめ

「週2日ゆる断食ダイエット」を完成させたようです。

まさに私がモットーとしている「無理せず楽に痩せられること」に匹敵する!と

感じました。

 

この単行本のPRの一環としてロンドンのテレビ番組で、ゆる断食の実験過程を

詳しく紹介したVTRを放送したところ、時はロンドン五輪真っ最中にも

関わらずロンドン市民の約250万人から視聴されたようなのです。

それだけロンドン市民の反響を得るだけのダイエット法だったのでしょうね?

 

ダイエット手法としては単行本の題材にもなっている「断食」を行うことで

痩せる!ってなものなのでしょうけど、食を断つと痩せるのは当たり前の事

なのですが、それがなかなか出来ないのが人間であり・・・特に日本人は

その点では他の国よりも劣っていると私は思うので、分かっていても出来ないのが

現実なんですよね!

 

しかしこの手法の場合「ゆる!」っと題名に付けられているくらいなので、

多分断食を不定期に行うか?あるいは数日に一度!などの手法だとは想像が

つきます。

 

っが!実際に内容を見てみると「断食」とは食を断つのではなく、一日の摂取

カロリー量を調整?限定しながら進めて行く方法のようです。但し実行するのは

週2日だけで、超お手軽なやり方も特徴の一つのようですね。

 

つまり断食するのは「食」ではなく「カロリー」なんですよね!そこがこの

単行本の「ミソ」だと私は感じました。

 

女性は500kg、男性は600kgの総カロリー量に抑え、週2日行うと効果があると

されています。但し食するものは限定しないが食べられなかった分のカロリー

量を取り戻す行為や、溜め込もうと詰め込むのは禁止しているようですが?

もちろん一日に500~600kgのカロリー量と言うと結構シビア?な値のように

感じるので、途中で間食してしまいそうなイメージを持つ方も多いと思いますが

「食するものを限定しない」ってとこがミソでカロリー量を超えなければ、

ケーキでもチョコでもお菓子でも、何でも食べても構わないそうです。

 

そうなるとポイントとなる事に「食のタイミング」も重要になってくると

思いますが、この単行本で推奨しているが「朝夕」の2食で行う方法のようです。

 

仕事をしている関係上、昼を抜くのはきつい方もいらっしゃると思いますが、

そんな場合はカロリーの少ない食事を摂れば問題ありません。但し朝夕の

カロリー量を調整する必要はあるかとは思いますけど?

糖質やコレステロールが無い、例えば野菜メインとか果物メインとか

消化の良いそば・うどん、和食の定食なんかも良いかも知れませんね。

 

私はダイエット中は朝を抜くようにしています。なぜなら時間的に問題があって

朝以外抜けないためです。ですがこの方法はあまり良くありません。

完全に「昼夜」のみの食事が出来る方なら良いでしょうけど、どうしても

10~11頃になると空腹感に負けてしまい間食してしまうのです。

そうなるとカロリー計算どころの話ではありませんよね!

なのでお腹が空いて我慢出来ない時は水分を多くとってゴマカスか?

カロリーメイトを食べてカロリー量を把握するかしています。

なのでこの単行本のように朝夕食法を行った方がダイエットには

良いと私も思います。

 

またこの単行本には食事方法以外にも、オススメの料理とか食材とか

栄養素などにも触れていますのでとても分かりやすくと勉強にもなります。

 

なので初めはダイエット目的で読むのでしょうけど、読み終えた頃には

栄養士?になった気分になりました。

 

ダイエットで辛い思いをし長続きできなかった人や、ダイエットには

成功したもののリバウンドで苦しめられた方等には、是非読んで欲しい

一冊です。「ゆる断食」で気軽にダイエットに取り組み健康的な体を

作り上げましょうね!