アーカイブ | 10月 15, 2013

愛犬・愛猫もダイエット!日本ヒルズ・コルゲート株式会社

人間の話ではないが、今ペット達のダイエットに注目が集まっているそうです。

「体育の日」ってこともあって愛犬や愛猫の肥満を心配している

ペットオーナーに向けて日本ヒルズ・コルゲート株式会社の主催による

ペットダイエットイベントを東京都内で開催した模様です。

っと言う私もこの会社のペットフードを愛猫へ与えていますが、その効果は

絶大で自分で体験しているからこの話題に興味を持ちました。

世の中で販売されているペットフードに比べたら、この会社の商品は

ちょっと「お高め」ですが、ペットを肥満にしないようなフードとしては

絶大なる効果を今のところ見せてくれています。

それに使い始めてちょうど5年くらい経ちましたが、愛猫の毛並みが

凄く艶があって綺麗だしもちろんダイエットせずとも肥満ではありませんし、

健康状態も良好です。

ただ何故か毛がたくさん抜ける点が気にはなっていますが、それは多分

遺伝的なものだと思うので、毛並みのケアーだけは暇を見つけて行っています。

年一回の予防接種へ動物病院へ連れて行くと先生からいつも毛並みの艶や

軽量などの点が褒められます。飼い主も鼻高々です?

話が反れましたが、この日行われた日本ヒルズ・コルゲート主催のイベントは

「体育の日はメタボ解消!ワンちゃんとの“絆”を深めるダイエット道場」と

題されて、ペットオーナー向けに肥満予防のセミナーとかドッグトレーナーに

よる肥満防止の運動方法などが紹介されていたようです。

さらにペットに対しての食事管理の仕方なども紹介されており、って言いますか

私はこちらの方が重要だと感じましたが?

なぜならペットってダイエットのために運動させたくても言う事を聞かない

事例が多く、犬であれば外で遊ぶことが大好きなのでリードでもつけて

走らせていればダイエット効果にはなると思いますが、私のように猫を

飼っている場合、運動させたくても放し飼いにするしか方法はありませんよね!

つまり食事の徹底的管理を行わないと肥満にしてしまったら大変です。

なので運動よりもこちらのペットフードの管理方法に注目をしました。

話によると、肥満になると病気を起こすリスクが高くなり関節炎や皮膚病・

糖尿病などになる恐れがあるようで?・・・えっ!ペットでも糖尿病って

起こるんですね??初めて知りました。

さらに、餌を減らして食事の減量を行うことは「必要な栄養素が不足」する

恐れがあるらしく、餌を減らすのではなく最新の科学に基づいて作られた

ダイエットフードを与えることが大切!とのことでした。

私が思うに、確かに減量させて必要な栄養素を不足させるのは良くないこと

ですが、それよりも通常の食事量を減らすことでお腹を空かすことになる方が

問題だと思いましたね!やはりペットも動物ですから食事が満足にもらえないと

吠えたり鳴いたりすると思いますし・・・

最後の最新科学のダイエットフードを与えること!に関しては若干営業目的な

ニュアンスを感じたので、これはにはあまり共感しませんでした。

しかし、事実私もこの会社のペットフードを与えていることで、ダイエットが

必要ない健康状態を保っておりますので、ありがち間違いではないと思います。

それに人間が食べている食品をそのまま与えたのでは栄養バランスが偏る恐れも

ありますし、それならば美味しく・安全で・栄養バランスの良い・科学的見地で

作られたフードを与えた方が、楽だし安心な点は事実ですよね♪

最近のペットを飼っている飼い主の動向?によると、愛犬・愛猫を肥満にする

傾向が増えているようで、ほとんどの方がダイエットが必要と考えて

いるそうです。と言いますか、ならば初めから肥満にしない飼い方をしろ!

って感じるのは私だけでしょうか?

調査によると、飼い主が自身の愛犬・愛猫にダイエットが必要と感じたことが

あるか?について、ある=43%、ない=47%、わからない=10%だった

ようです。こう見ると最近では飼い主さんも「肥満」に対する考え方が

変わってきているようで「ない」って答えた方が半数近くいたことに

私は驚きましたが、それよりも「ある」って答えた方が43%もいるってことは

やはり肥満気味になるペットの飼い方をしている方も多数いるようですよね?

人間ですら最近は「欧米食」が普及して、肥満気味の方が増えている現状なので

ペットに限らず人間もダイエットでも行って悪い病気にならないように注意を

しながら食生活を送らなくてはいけませんね。ペットの話なのに良い教訓を

感じさせてくれた「ダイエット話」でした。

両面:犬と猫がダイエットをする必要がある理由

人間のように、ペットも肥満になり、過剰な体脂肪を発症する可能性があります。これは、「糖尿病」、「変形性関節症」などの健康上の問題につながる可能性のある深刻な状態です。 

毛皮で覆われた親友に最高の生活の質を与え、彼らの寿命を延ばしたい場合は、ペットが肥満になるのを防ぐために、これらの簡単な手順に従ってください。

あなたのペットが肥満になっているかどうかを判断するには、それらをよく見て、自分自身に尋ねてください:

  • 私の猫/犬は彼または彼女の形を失いましたか?
  • 肋骨の下で腰が曲がっているのをまだ見ることができますか?
  • 肋骨を感じることができますか?
  • 私の猫/犬の腹は膨満していますか、それともぶら下がっていますか?
  • 彼または彼女はあなたに追いつくのに苦労していますか?
  • 私の猫/犬は「フードホッグ」(絶えず食べ物を食べる)ですか?

猫と犬のための健康的な食事いる

ペットに健康的な食事の計画を立てることを考えてなら、ここに脂肪の減少を助けるかもしれないいくつかのヒントがあります:

徐々に変化を起こす

犬や猫の消化器系は突然ではうまくいきません食べ物が変わるので、最初は少しずつ始めることをお勧めします。彼らが完全にそれに順応するまで、毎日少しずつ健康的な食品を食事に加えるようにしてください。 

ペットの食事多様化する

を「肉」や「鶏肉」などの1種類の食べ物をペットに与えることは避けてください。ペットも多様性を好むことを忘れないでください。穀物や野菜を食事に取り入れて、バランスの取れた栄養豊富な食事のメリットを享受できるようにしてください。

脂肪を抑える

動物が健康で強いためには脂肪が必要なのは事実です。しかし、脂肪が多すぎると胃の痛みを引き起こす可能性があるため、決して良いことではありません。 「脂肪の多い肉」、「鶏の皮」、「バター」、その他の高脂肪食品などをペットの食事から遠ざけるようにしてください。

場合 不要な残り物があるは、ペットに与えない

でください食事の後に、脂肪、グリッスル、皮膚など、食べない残り物がある場合は、ペットに与えないでください。彼らはあなたにとっても彼らにとっても悪いことです。

肥満の予防

肥満はあらゆる種類の動物に影響を与える可能性があります。あなたのずんぐりした子猫や太った猫が体重を減らすのを助けることは挑戦的ですが、どういうわけかやりがいのある経験になる可能性があります。全体として、彼らが健康的な食事を維持し、たくさんの活動を受けることを確実にすることが重要です。

ペットの体重が気になる場合は、こちらのウェブサイトアクセスして www.afr01.comにください。ご、からメッセージを送信することもでき 不明な点がございましafr01 @ gmail.com たらます。